HOME > 来院時のお願い

来院時のお願い

目 次

診療受付時間

当院は365日年中無休で診療を行っております。往診・手術等の関係から、午前中の診療受付は11:30までにご来院ください。

来院時のチェック項目

当院ではご来院の際、症状によって便や尿をお持ちいただくことをお願いしています。以下の項目に当てはまる場合はお手数ですがご協力をお願いいたします。

子犬・子猫で初めて来院の場合

なるべく新鮮な便をお持ちください。

今までにうったワクチンの証明書があればお持ちください。

※子犬・子猫を家族として迎えられたら、なるべく早めに来院してください。人に感染する病気やノミ、ダニ、回虫など、寄生虫の検査・駆除を行ないます。また、意外に多いのが食事の栄養不足。栄養障害などを起こしていないかをチェックします。その他、育て方(食事やトイレトレーニング等)についての御相談もお受けします。

軟便・下痢の症状の場合
軟便・下痢の症状の場合は便をお持ちください。
※便はなるべく紙に包まず、ビニール袋やプラスチックの容器などに入れてお持ちください。
血尿・頻尿の症状の場合
血尿・頻尿の症状の場合は尿をお持ちください。
尿はプラスチックトレイなどに排尿させて、液体の状態でお持ちください。
※スポイト・試験管などの容器はあらかじめお渡しできますのでお申し付けください。
薬物を誤飲した場合
薬物を誤飲した時は残りの薬、及びその薬の説明書をお持ちください。
※誤飲した直後であれば吐かせる事ができるので早期に来院してください。

待合室でのお願い


ケージ、リードを忘れずに
待合室には他の患者さんもいらっしゃいます。ケージやリードを用意の上、ご来院くださいますようお願いいたします。
●ワンちゃんの場合...ケージに入れるか、リードを必ず装着してください。
●ネコちゃんの場合...必ずケージに入れて下さい。(気が小さいネコちゃんは洗濯ネットに入れてから、さらにケージに入れる事をお勧めいたします)
●その他小動物の場合...必ずケージに入れて下さい。

コロナ感染症対策ご協力のお願い

ご来院時はマスク着用をお願いします
コロナ感染症予防のためご来院の際は必ずマスク着用をお願いしております。
またご同行される方は1名様にてご来院ください。皆様のご協力をお願いいたします。